6.車体配線
Last Update: 2008/11/02 19:47


車体側の配線を行う。

番号作業内容写真
1クルーズコントロールスイッチがある場合、そのの検出線を取り出す。
ステアリングコラムのカバーを外し、横一列9ピンのコネクタを抜き、赤地に白線(2本目)のコードから分岐する。
分岐したコードは既存コードにまとめる。

2オーディオスイッチの検出線を取り出す。
センターコンソールを外し(カーナビ取り付け参照)、オーディオコネクタの赤地に黒色のケーブルから分岐する。
3ACC電源を取り出す。
オーディオコネクタの橙色のケーブルから分岐する。
この分岐コネクタにはヒューズホルダーのコードを接続する。
4シフトカバーを分解し、LEDを埋め込む。LEDの長い足に、ランプから分岐した線を接続する。
短い足のほうにコードを接続する。

5シフト用コネクタを外す。
右の下の写真のようにツメが下にあるので、両脇から押しながら抜く。
(指が入らないのでなかなか難しい)

6シフト用コネクタから、下記線を分岐する。
  • アップSW
  • ダウンSW
  • GND
  • シフトインジケータのランプの+側

7シフト用コネクタのマニュアルモードSWを切断する。
8切断したマニュアルモードSW側と車体側それぞれを接続する。
9サイドギアからアースを取り出す。
10分岐、接続したコードにコネクタのピンを圧着し、コネクタを作成する。
11コードをまとめる。
12電子工作で作成した、ケースを壁面に貼り付け、コネクタを接続する。
13もとに戻す。